FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新SS「家」

久々SSです!新婚ネタ(笑)

よければ続きからどうぞ!!
「カガリ、遅くなってすまない・・」
帰ろうか、という言葉は途中で発せらぬまま吐息と共に消えた

軍での仕事の後処理に追われていたアスランを待っているうちにうとうとしてしまったのだろう、カガリはソファーの上でまるで猫のようにまるまって眠ってしまっていた


アスハ邸から二人の暮す自宅までは車で10分ほどの距離だ。結婚してからお互いだけの新しい居場所を作ろう、と言い出したのはカガリだった。どうしても世界や国のことを、仕事を優先的に行動し、自分たちのことを後回しにしてしまう自分たちが共に帰ってこれる場所を作りたかった。しかし、そうは言っても国家元首の住まう家だ、セキュリティーやら環境やら問題に追われ、念願のマイホームが出来たのはついこの間。まだまだ自分達の家だとは実感しにくい。けれども、その家にカガリと共に帰れるということだけでアスランにとっては至極幸せなことだった。

しかし、安心したようにソファーで眠る彼女を起こして帰るのに気が引けて、どうしようかと悩んでいるうちにマーナがお茶を入れてきてくれたようだった。

「カガリ様もこの様子ですし、今日は泊まっていかれたらいかがですか?」
マーナの気遣うような言葉とカガリの様子を見ているうちに自分が何をそんなくだらないことで悩んでいるのかわからなくなってきた。それに、ここの方が明日の朝一の会議のことを思えばいいような気がする。

一人であの家に帰るのが寂しいだなんて子供じゃあるまいし。

「それじゃあ、今日はカガリをお願いします。部屋まで運びます。」
「あら、アスラン様もお泊りになったらよろしいのに」
「いや、俺は家にまだ仕事がありますから・・・」
と彼女をアスハ邸での彼女の部屋に運ぼうとするうちに彼女の長い睫毛がゆれてゆっくりと目を開いた

「ア、ス‥ラン?」
舌ったらずに自分を呼ぶ声はまだ意識が覚醒していないよう

「今日はこのまま泊まるといい、明日の朝も早いんだろ?」
「おまえは‥?」
「俺は帰るよ、だからまた明日・・」
しかし、その言葉に今までぼんやりしていたカガリの瞳がぱっちり開いた
「なら私も帰る!」
「えっ、でもここの方が近いし・・明日の閣議のためにも・・」
「いいから!大丈夫だから!」
驚くアスランを尻目にカガリはいつの間にかしっかりとした足取りで歩き出していた

「面倒かけたなマーナ!アスランと帰るよ」
そしてそう言うなり、アスランを置いていかんばかりの勢いで車庫に向かっていった。
「ちょっっ、カガリ!」
そのままあっけにとられるマーナに形ばかりの挨拶をして、アスランはとにかくカガリの元へと急いだ。



よくわからないが確かに目はもう覚めてしまったようだし、今から帰っても充分睡眠時間は取れるだろう。しかし・・

「どうしたんだ?あんな急いで帰らなくたって・・」
するとなぜか怒ったようにきっと鋭く睨まれた後不意に目を逸らされた。
それは怒っているというよりも、どこか照れているようで・・

「カガリ?」不思議に思って再度呼びかけ顔を覗き込んでみると、ふてくされたようなほんのり赤くなった頬が見える

「だって、おまえ一人で帰ろうとするし・・」
「いや、あんまりカガリが気持ちよさそうに寝てたから起こさない方がいいかと思って・・」
そう言った瞬間今度こそ思いっきり睨まれる。

「お前は!なんで私がお前の仕事が終わるまで!ずっと待ってたんだと思ってるんだよ!!」

「えっ?」

「一人で帰ったりするなよ、夫婦なんだから・・」
二人で帰ることを望んでいたのは自分だけではないのだと、照れたようにでも、目を逸らさずに言ってくれたカガリに、驚きと嬉しさで言葉にならない。

あ~本当に俺は馬鹿みたいだ・・・

「おい・・、アスラン?ってアスラン!!」
結局言葉に出すことが得意でない自分はその身体を抱きしめることで愛しさも嬉しさも全てを腕の力に込めた。
しばらくじたばたとしていた彼女も諦めたのか、わざとらしくため息をついた後抱き返してくれた。


二人が家路に着いたのはそれからしばらく経ってのこと。

スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 21:53:19|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インテックス大阪参戦!! | ホーム | うっかり!!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumituki.blog55.fc2.com/tb.php/152-36d74466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。